Elena Lentini

Elena Lentini

アメリカでベリーダンス・フュージョンスタイルの先駆けとなり、
多くのダンサーに影響を与えたと言われる、
ニューヨークのモダンオリエンタルダンス の革新者Elana Lentini。

御年70歳近いElenaの、素晴らしい世界観に触れました。

ショーは素晴らしく、
ステージで「存在する。Alive。Exist。」を見せてくれたElena。

ステージに立っているだけで、
それだけで物語る、エネルギーを発するElena。

初めて受ける感覚に、感動しました。

そのショーでは、去年のトルコツアーで一緒だったアキちゃんも、
仙台からチケット取らずに押し寄せ、
見事に満員のショーを観れることとなり、その後皆と久々の再会に乾杯♪

a0200943_0125558.jpg


そしてその翌日はElenaのフラメンコルンバ(扇子の踊り)のWSを受講。

ザンブーラという、
フラメンコとオリエンタルダンスを融合させた踊りのWSも取りましたが、
ルンバのWSも素晴らしかった。

彼女が言っていた言葉が印象的だし、
一生懸命教えてくれる、シェアしてくれるその姿勢。

本当にあたたかい方だし、時におばあ様のようなLovelyな物腰。
大ファンになりました。


a0200943_0163771.jpg



今回が初来日のElena。
そこで感じた事は、日本人は丁寧で礼儀正しい、という事。

そして、欧米と日本の表現やエネルギーの動きの違い。

欧米は、Inside Out という流れ。
内から外へ表現していく。

日本人は、Inside Out の流れも知っているし、
その逆、Out Inside という流れも知っている。

日本人は、まず外から学び、理解し習得し、
それを内から発する事が出来る。

欧米人は、主張をする文化だから、
Inside Out の流れが強いけど、
勤勉な日本人こそ、外から学び、噛み締めて、そして外へ出すという、
アプローチが可能なのかもしれないな。

でも、Inside Out Inside Out Inside...と、
鶏が先か、卵が先か、という、どちらが先でどちらが大事、というのはなく、
どちらも大事なんですよね。


Elena の素晴らしさは、
去年のトルコツアーで彼女のダンスとWSを受けた皆から聞いていたので、
今回はElenaに会えて、本当にうれしかった。

彼女のエナジーを感じれただけでも、
素晴らしい経験だったと思う。


この機会に、感謝。


あいら
[PR]
by ayla0116 | 2012-04-29 00:05 | ダンスの事
<< GW -葉山芸術祭- 美輪明宏版 椿姫 >>